今の「快・不快」を把握する

すべての感情知能を支えるものが、自己理解です。いまの状況が把握できないと、どのような選択をするかも、どんな変更が必要なのかもわからなくなります。まずは、いまの気持ちを把握する。感情の把握をトレーニングしましょう。

まずは3つに分ける「快」か「不快」か「ニュートラル」

感情は何種類もありますが、大きく分けて、3つのうち、どの状況なのか確実に把握できるようにしておく必要があります。

快(かい)

気分が良い状態です。
近寄りたい、触れてみたい、見てみたいと感じる感覚です。

不快(ふかい)

気分が悪い状態です。
離れたい、触れられたくない、見たくないと感じる感覚です。

ニュートラル

気分が良くも悪くもない状態です。
とくに気にならない感覚です。

普段この習慣がない方は少し難しいかもしれませんが、これを読んでいる今がどれに当てはまるのか、選んでみてください。
今後は、思い出した時に3つのうちどの状態かを考えます。慣れてきたら把握する頻度を日々増やしてみてください。
今の自分がどの状況なのか把握します。

コメント

この記事へのコメントはありません。

関連記事

感情を見極める第一歩

結果を見すえた思考とはのトレーニング

楽観性テストでポジティブ度を測る|チャンスをつかむ人の傾向

感情リテラシーのトレーニング

自分で、自分を理解

感情の種類を覚える

PAGE TOP