感情からのメッセージを把握する

自分が何を望み・どうしたいのか?を知る手がかりとなるのが「感情」です。
感情が発生するプロセスと、感情が伝えようとしているメッセージを理解し、感情を適切に役立てましょう。

感情が発生するプロセス

感情は例えるなら天気のようなもので、常に存在していて、常に変わり続けています。感情が発生するまでには、3つのステップがあります。

ステップ1:何らかの出来事が起こる

感情は何らかの出来事をきっかけに発生します。この出来事は、自分の内面から湧き上がってくる記憶・感覚・思考(例:悲しい思い出・痛みを伴う感覚・自分を責める思考など)であったり、自分の外側で起こる実際の出来事であったりします。脳はこれらの出来事を自動的に感知し伝えようとします。

ステップ2:行動に移すための準備をする

起こった出来事について脳が「良い事か?悪い事か?関わるか?避けるか?」を判断します。この段階ではまだ感情は発生していません。脳がその出来事を「自分にとって良い事」と判断すれば私たちの体は出来事に関わるための準備をし、逆に「悪い事」と判断すれば出来事に対して、体が戦うか逃げるかで対応するように準備を整えます。

ステップ3:感情が起こる

行動のための準備ができると、様々な感覚や衝動、喜び・悲しみなどの感情が起こります。

私たちの行動は感情に支配されているのではない

激怒する・・・などのように強く激しい感情が起こると、あとで後悔するような行動をとりやすくなりますが、私たちの行動は感情によってコントロールされているのではありません。湧き上がる感情や感覚をコントロールすることは難しいことですが、自分の行動を選択し、コントロールすることは可能なのです。

ありたい自分や、自分が価値を置くものに近付くために、感情からのメッセージに心の耳を傾け、行動や発言を選択していきます。

感情が伝えるもの

それぞれの感情は、異なるメッセージをあなたの思考へ伝えてきます。人生経験が豊富な人ほど、熟考されたメッセージとなるため直感として研ぎ澄まされたメッセージになっていきます。

基本感情 メッセージ 影響・行動
喜びの感情時の表情イラスト喜び ほしいものが手に入っている
続けたいか?
もっとやりたいか?
繰り返す、近づく、
変革する、リスクを取る
信頼の感情時の表情イラスト信頼 どうサポートできるか? 近寄る、
オープンになる
恐れの感情時の表情イラスト恐れ リクスはなんだ?
何か脅威から守る必要がある
隠れる、逃げる
驚きの感情時の表情イラスト驚き 何が予想外か? 注意を向ける、状況を明解にする
悲しみの感情時の表情イラスト悲しみ 何を失うか? 抱き続けるべきものを明確にしようとする
後で再生しようとする
嫌悪の感情時の表情イラスト嫌悪 何が壊されるのか? 拒絶する
怒りの感情時の表情イラスト怒り 不当な扱いを受けた
傷ついたり、脅かされたりしている
攻撃や障害を排除する
期待の感情時の表情イラスト期待 何を望んでいる? 先を見すえる

これらの基本的感情が混ざると別の感情に変わり、複雑なメッセージとなります。混ざり合う感情についてはこちらのページを参考にしてください。

UnsplashJoanna Kosinskaが撮影した写真

コメント

この記事へのコメントはありません。

関連記事

今の「快・不快」を把握する

感情のナビゲートのトレーニング

楽観性テストでポジティブ度を測る|チャンスをつかむ人の傾向

感情を見極める第一歩

感情への反応を考える

認知能力と非認知能力

PAGE TOP