楽観性の発揮とは

自己管理|Exercise Optimism
要約
楽観性の発揮は、健康や長寿、良好な人間関係の維持、収入増加や成功への道、円滑な恋愛や結婚生活につながります。楽観主義者は、支援的なネットワークを築きやすく、多角的な視点や解決策を生み出す能力があります。また、必要な場合には柔軟に方向転換し、新たなチャンスを受け入れることができます。ただし、楽観性の発揮は、何も気にかけずに無責任に過ごすことではありません。

6seconds EQ Model日本語楽観性を活用することにより、私たちは健康で長寿な人生を送ることができます。また、家族、地域、職場で良好かつ持続可能な人間関係を築くことができます。さらに、収入の増加や成功したキャリアの形成にも繋がります。恋愛や結婚も円滑に進展させることができるでしょう。楽観性を発揮することで、思考と感情をバランス良く統合し、積極的な姿勢へと変えることができます。楽観主義を持つことは、未来に向けて前向きなエネルギーを持つことを意味します。感情の知性を活用して成功と失敗を見つめることで、逆境から学び、成果を得ることができます。

定義

希望や可能性を信じ、自分から前向きな展望をもてること

ポジティブ心理学の専門家であるマーティン・セリグマン博士の研究結果では、楽観的な人は、より長生きし、健康で、より良好で持続可能な人間関係を築き、より多くのお金を稼ぎ、より成功したキャリアを築くことができることを解明しました。
仕事について、ほとんどの職業で、楽観主義者が成功する可能性が高くなります。誰もが、悲観主義者より、楽観主義者を好みます。映画やアニメでも悲観的なヒーローなど好まれません。楽観主義の思考や行動はポジティブな感情を活用し、前向きなアプローチを好みます。そのため支援的な人的ネットワークが構築しやすく、他の人に影響を与えることが上手です。さらに多角的な視点や、多くの解決策を生み出すことができるため、早急な行動や大きな方向転換が必要な場合にはより機敏に動きます。新しい機会にも開かれており、挫折を乗り越え、イノベーションを促進します。

理論

楽観主義とは、挫折や失敗は一時的で、個別的な状況で別へ波及することなく、自分の努力で変えられると認識することです。「空頼み」や「いつも幸せ」という意味ではありません。ただ、事実を冷静に階層化し、それぞれが、どのような影響を与えるか、分析に徹するときもあれば、可能性の拡大を受け入れる時もあるのです。

楽観主義には精神と感情の方向転換を要します。マーチン・セリグマンはポジティブ心理(楽観主義)に関する画期的な研究の中で、悲観主義者と楽観主義者の失敗や挫折に関する主な相違点を次のように定めています。

悲観主義者
ペシミスト
楽観主義者
オプティミスト
永続的・・・いつもか全くない 一時的・・・過ぎ去るだろう
広範・・・すべて台無し 個別・・・一部分
無力・・・できることは何もない 有力・・・何かできる

楽観は、オプティミスト、ポジティブ、プラス思考、前向きな考え方など、さまざまな呼ばれ方をされています。

fauxelsによる写真: https://www.pexels.com/ja-jp/photo/3182826/

コメント

この記事へのコメントはありません。

関連記事

楽観性テストでポジティブ度を測る|チャンスをつかむ人の傾向

家族の幸福ルールとEQ「感謝を忘れない生き方の必要性」

自己パターンの認識とは

結果を見すえた思考とは

感情知能(心の知能指数)が活用できていない人の兆候

心得たい。離婚、別れにつながる4つの行動

PAGE TOP